電話エッチならMでもSでも楽しめる

Mが好きな人でも、たまにSの役割をやってみたいと思ったりしませんか?
私は正直いって、どちらも好きですね。
そして電話エッチではどんなセックスでも可能にしてくれます。
あるときは、散々女性に命令しまくります。
ただ、そんなときは、あらかじめ、今日はこんなプレイをやってみたいからと伝えておいた方が良いかもしれませんね。
女性がどんな命令をされても驚かないようにということですが…
今日はこんなプレイをしたいから…と言っておけば、女性の方でもどんな命令でも聞いてくれたりするのですよね。
また、あるときは、今日は思いっきり自分に命令してみてくれないか、と頼んでみたりもします。
そんなときにも、相手の女性の方が、むしろ夢中になってしまうようなこともあり、予想以上に素晴らしいプレイになることも多いですね。
そういうわけで、私はいつも電話エッチを楽しんでいますが、実際のリアルでのセックスに関しては頻繁ではありません。
でも、全く欲求不満に覚えることはなく、むしろ電話エッチのときの方に強い満足感を得られることが多いようです。
電話エッチであれば、どんなプレイも可能!
あくまでも妄想の世界だとわかっているからこそ、素晴らしいプレイを実現することが可能なのです。

電話エッチの持つ不思議な魅力とは?

電話エッチはリアルなセックスよりずっと快感を得られるという人も多いと言われていますが、一度も電話エッチを体験したことのない人にとっては、とても不思議に思えるのではないでしょうか。
実際に相手に触れることができるわけでもないのに、なぜ、快感が得られるのかと…
でもリアルなセックスと電話エッチとでは根本が違っているのです。
たとえ相手の身体に触れることができなくても、声を聞きながら、いくらでも想像と妄想の世界におぼれることを可能にしてくれるが電話エッチなのです。
実際のセックスでは限界がありますが、電話エッチの場合は、妄想の世界の中で無限な可能性を広げてくれるのです。
その妄想の中で、快感におぼれてしまうという人も少なくないようです。
ただ、全く想像することができない、妄想の世界に入れないと言う人にとっては、快感を得ることは難しいかもしれません。
そういう意味でちょっとしたテクニック的なものが要求されるわけですが、妄想の世界の中ではセックスのバリエーションも無制限なので、毎回得られる快感も違ってくるわけです。

もし電話エッチのし過ぎでマンネリ化を感じたら

通常のセックスでも、毎日、行っているとマンネリ化してしまって何とか飽きながら惰性で行ってしまうことはないでしょうか。
せっかくのセフレとのセックスでも、ある程度、繰り返しているとだいたいパターンが決まってきて飽きてしまうことも多いようです。
では電話エッチはどうなのかというと、こちらの場合はいくらでも妄想世界を広げられるという人の場合は、マンネリ化を避けられるのではないでしょうか。
ただ、人によっては限界がありますから、そうなると、やはりパターン化して飽きてしまうというようなことも起こりうるようです。
では、マンネリ化したときにはどうしますか?
これも実際のセックスでもそうですが、そんなときには、少し間隔をおいてみることです。
いつもセックスばかりしていると新鮮味がなくなってしまうものです。
ですから、連続して電話エッチを楽しむのではなく、たまには間隔を置いてみるのも良いでしょう。
そうすると、再び電話エッチをしたいという欲望にかられ、次に電話エッチをするときには、また新たな新鮮さや快感を覚えることになるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ